Logger Script

김병준레다스흉부외과

본문 바로가기 주메뉴 바로가기
전체메뉴 OPEN CLOSE
팝업
팝업
ミッション 絶え間ない研究と情熱で下肢静脈瘤治療の「世界標準」を提示します。
使命 医師は単に病気を治す人ではなく痛みを共にする人
  • 胸部外科専門医_代表院長 キム•ビョンジュン
  • 釜山大学医科大学を卒業[韓国]
  • 釜山大学胸部外科学教室専門医取得[韓国]
  • 釜山大学病院インターン/胸部外科レジデント課程修了[韓国]
  • 釜山大学医科大学医学科修士[韓国]
  • 釜山大学医科大学医学科博士課程修了[韓国]
  • 大韓静脈学会正会員
  • 大韓静脈学会正会員
  • 大韓胸部外科学会, 釜山•蔚山•慶南支部,理事
  • 下肢静脈瘤治療の世界的標準を提示するキム•ビョンジュンLEDAS胸部外科がJCI国際医療機関評価委員会の認証を得て世界で最も安全な病院として認められました。
  • mark
  • 世界初の下肢静脈瘤単一疾患のJCI認証を獲得 患者の安全保障システムと診療サービス水準で国際医療機関からの公認を得ただけに今後も世界レベルの医療サービスを提供いたします。
  • 再発防止集中管理 LEDAS下肢静脈瘤集中ソリューション
  • 8000例以上の手術経験 釜山大学胸部外科専門医
  • 100%正規看護大学出身 専従看護チーム
  • 安全な手術環境のための 抗菌クリーンシステム24時間フル稼働
  • 正確な診断システム 血管超音波診断および手術装備保有
  • 安全な手術+地道な管理 安心手術責任保障制
LEDASを選択しなければならない理由は何ですか
  • 既存の抜去術の問題点 皮膚切開、術後の神経損傷の危険性、長い手術時間、高い再発率
  • 既存の静脈切除術の問題点 主に目に見える静脈瘤のみを除去し、深い部位の静脈瘤による再発の可能性が高い
  • 既存の血管内レーザー手術の問題点 再貫通、レーザーが入らない遠位の大伏在、 小伏在静脈からの逆流
  • 既存の超音波誘導血管硬化療法の問題点 再貫通と逆流による再発率が高い
各施術の欠点を補完したLEDAS応用治療法は、下肢静脈瘤の発症原因に応じて個人の特性に合わせた適切な手術と生涯管理プログラムで構成されており、当病院で手術したすべての患者に責任保障制を導入し持続管理を通じて再発率を最小限に抑えています。
手術後の生涯管理は選択ではない必須です!
下肢静脈瘤の代表的な原因血管である大伏在、小伏在静脈を完治させたとして下肢静脈瘤が再発しないわけではありません。いくつかの原因が複合的に作用し、治療したはずの下肢静脈瘤も数年経てば新しい問題が発生する恐れがあります。従って下肢静脈瘤が治療されたとしても、長期間にわたる点検や管理でよりよい状態の足を維持することができます。
下肢静脈瘤治療システムLEDAS
LEDAS治療システムは下肢静脈瘤の根本血管手術であるEVLT(血管内レーザー手術)、DGS(超音波誘導血管硬 化療法)、SCT(血管硬化療法)と患者個々人の特性を考慮したオーダーメイド型LEDAS生涯管理プログラム を通じて下肢静脈瘤の再発を事前に予防し管理するキム•ビョンジュンLEDAS胸部外科だけの応用治療法です。 下肢静脈瘤とは?
足の静脈の中の血液の逆流を防ぐ弁の機能が壊れてしまい心臓に流れる静脈血が逆流し、静脈の圧力で血管が膨らむ病気です。代表的な症状としては痛み、重い、むくみ、夜間の筋肉けいれん、かゆみなどがあります。
Contact Us
アドレス
釜山市釜山鎮区カヤ大路767 チョングン眼科8階(西面ロッテデパートの向かい側)
診療時間
平日 9:30 AM - 6:30 PM
土曜日 9:30 AM - 4:30 PM
ランチタイム 12:30 PM - 1:30 PM
相談・お問い合わせ
+82 51-634-8274
リアルタイム相談
+82 10-8924-8275